rikkiblog.net

Webライターりっきのブログ

ストーカーの悲劇的な結末│福岡・JR博多駅付近での刺殺事件│どうやって身を守るか

18日、福岡市のJR博多駅付近で、女性会社員1人が31歳の男に刺され、死亡する事件が発生した。またしてもストーカーによる悲惨な末路がおとずれてしまった。

今回は、この繰り返される悲劇がなぜ起きてしまったのか、そしてそこから何を学び、二度と繰り返さないようにするのかを考えてみたいと思います。身近で同じ悲劇を繰り返されぬように、ぜひご一読ください。

38歳女性会社員、痛ましい死

被害女性は福岡市内の会社の事務員として勤務。彼女は一人で歩いて帰宅していたところ、JR博多駅付近でストーカーにより刃物で襲われました。加害者が馬乗りになって、女性の上半身数十カ所をメッタ刺しにして死に至らしめたという非常残忍な事件です。

彼女は搬送された医療機関で約40分後に死亡が確認されました。この事件は地元の方はおろか日本全国を震撼させ、ストーカー殺人事件の犯罪史に残る重大な事件となったのです。

犯人である31歳の男について

その後、犯人は大阪市出身の31歳の男であることが判明しました。彼は、事件の数ヶ月前から被害者を尾行したり、メッセージを送ったりと、ストーカー行為をしていたと言われています。

幼少期は正義感があり、リーダー的な存在感を発揮することもあったという。仲間の万引きを「やめとけ」といさめる場面も。ただしやんちゃな部類の人種であることは間違いありません。

上京後に六本木の高級クラブでホストをしていたようです。容姿やノリのいいことから一定の人気があったようですが、短気で喧嘩っ早いところがあったのでトラブルの種も多かったよう。結局恩師や仲間に一言も言わずに飛んだようです。最終的に小心者だったのだろうと以前の友達は言っています。

その後福岡に至った経緯は不明ですが、ゆかりのない地で心から頼れる知人も少なかったのでしょう。やっとの思いでお付き合いできるようになった博多美女に大きな精神的な依存があったと考えられます。

悲劇に至った不幸な出来事についての考察

赤いスティレットを履いている人

犯人は、以前から被害者にメッセージを送ったり、行動を追跡したりと、ストーカー行為をしていたので、福岡県警からストーカー規制法に基づく禁止命令が出ていました。

被害者は尾行されていることに気づいていなかったようで、残念ながら、襲撃が起こる前に誰も介入することができませんでした。

この状況では、多くの警告のサインを見逃していた可能性があるようです。加害者の行動が時とともにエスカレートし、脅迫的になっていたため、警察、家族、友人による早期の介入があれば、この悲劇を防ぐことができたかもしれません。

このような事件では、ストーカーや嫌がらせを受けた人(当事者)が、冷静で理性的であることが難しい場合が多く、周囲の人や公的な機関が手を差し伸べて介入するのが重要であることは間違いありません。

同じような悲劇を二度と起こさないために行動すること

ストーカー行為は重大な犯罪であり、ストーカー行為を受けていると思われる場合は、常に自分を守るための措置をとることが重要です。例えば、周囲に気を配る、人目につかない場所を避ける、友人や家族に知らせる、警報機を持ち歩く、連絡や出来事を記録する、などが挙げられます。また、不審な行動があれば、警察に通報することも重要です。

ストーカー行為は被害者に深刻な精神的影響を与えるため、精神的苦痛の兆候に目を配り、精神的・実際的なサポートを提供することも重要です。あなたやあなたの知人がストーカー行為の被害者になった場合、日本の警察でしゃ#9110への24時間ダイヤルに相談するのが第一といえます。また国内弁護士事務所の法テラスや、イギリスのNational Stalking Helplineなど、アドバイスや支援を提供できる組織が数多く存在します。

まとめ

黒の android スマートフォンを持っている人

今回のストーカー事件の悲劇的な結末は、なぜこの種の犯罪から身を守るための対策が重要であるかを痛感させるものです。不審な行動があれば相談機関に報告し、自分や知り合いがストーカー被害に遭った場合は、National Stalking Helplineなどの外部組織に助けを求めることも選択肢のひとつです。

今回のような悲劇的な事件を防ぐために行動を起こすことで、私たちは地域社会の安全を守ることができるのです。