搾取されるのはもうイヤだ

みんな幸せだったらいいのに

【GooglePlay】小学生の高額課金【実録】請求から全額返金までの流れ(スマホゲーム)


f:id:Rikkyrikky:20210814001928j:image

 

お子さんにスマホを渡してゲームをさせている保護者は多いです。

スマホさえあればアプリストアで無料ゲームをダウンロードして楽しめます。

お金もかからないし子供が静かに楽しんでくれるし最高。

 

ある日  銀行の通帳記入をすると、なんとビックリ

携帯利用料金が10万円を超えて引落されている


f:id:Rikkyrikky:20210824170155j:image

もう大パニック!

 

携帯料金の明細を確認したらどうもスマホゲームの課金による引落だった。

さあどうするどうするとうろたえてしまう。

これは私の家族の実録です。

 

 

同じようなことが起こっても慌てないでください。まずは冷静になりましょう

問題を解決するためにまずは何をしたらいいか考えてください。

できることから一つ一つやっていきましょう。行動することがなにより大事です。

 

<状況の概要>

スマホOS:Android

ゲーム名:にゃんこ大戦争

課金額:199,930円(2カ月分)

引落済金額:100,000円(1か月分)

 

<行動した結果>

Googleplayサポートに問い合わせて、指示に従って返金申請する

2日で全額課金キャンセルになる

 

結果、晴れてGooglePlayより返金手続きが履行されました。

このような状況でお困りの人が絶対いると思ったのでブログを書きました。

それぞれ金額の大小があると思います。課金したゲームも違います。

しかし決してあきらめないことが大事だということを今回伝えたいです。

 

無料スマホゲームは恐ろしい

ゲームは楽しくてしかたがないですよね。

私も小学生の頃はファミコン、中学生ではスーパーファミコンやプレステにハマりました。

今やゲームの主流はオンライン

スマホのゲームでも通信を使っていつでもプレイヤーと対戦や交流できます。

全くついていけていない人も多いのではないでしょうか。

そうであれば、かんたんにお子さんにスマホゲームをさせない方がいいです。

 

アプリストアにはたくさんの無料ゲームアプリがあります。

 

<アプリストア>

f:id:Rikkyrikky:20210804133613j:plain

 

ゲームを制作するのは膨大な時間と費用を費やしているわけなので、利益を上げるためには費用回収しないといけません。そこでゲーム内には課金制度があるのです。

rikkyrikky.hatenablog.com

 

「無料で楽しめばいいじゃん」と思いますよね。

ハマってしまったら次のステージをプレイしたいものです。大人だってそうですし、ましてや子供だったらその欲求をコントロールするのは難しいです。ゲーム制作会社は欲求をくすぐってくるのが上手です。

 

「課金は子供にはできないでしょ」とお思いですか。

GooglePlayのワンクリック購入の設定になっていれば、認証なしで課金されるので小学生でも幼稚園児でも課金できます。

f:id:Rikkyrikky:20210804134834j:plain

GooglePlayの設定一つで防げるのですが、知らずにワンクリック購入の設定になっていたというパターンが多いようなので、気をつけてほしいです。

常に認証する〟という設定にすればよいので、その方法は後述します。

 

現状を把握する 

 冷静になったところで、まずは現状を把握しましょう。

携帯電話の支払いはそのキャリアからの請求になります。

今回はauスマホなのでKDDIからの支払いでした。

 Myauで料金の明細を見てみました。

f:id:Rikkyrikky:20210804135723j:plain

もちろん内訳も見ることができるので確認

f:id:Rikkyrikky:20210804141330j:plain

大変なことになっていました…

一日で小刻みに課金され、合計10万円になっていました。

本当はそれ以上の課金を試みていたようですが、運よくクレジットカードの支払い限度額が月10万円以下だったのでワンクリック課金でもストップがかかっていたようです。

 

しかもまだ支払いしていない今月分の請求が99,930円あり、合計の課金額は199,930円

なんと恐ろしいことでしょう。

この時点で嘆き悲しむだけの人がいます。私の親がそうです。

もともと8歳の子供におじいちゃんがスマートフォンを渡して遊ばせていてこの事態が起きました。

おじいちゃんは給料の2カ月分が水の泡だと嘆いていました。

 

この時点で怒りの矛先を子供に向けてしまいがちですが、それは酷な話です。

一番はスマートフォンを与えてしまった大人の責任です。

もちろん子供に二度と同じことがないように注意をしなければいけませんが。

 

そこで泣く泣く代金を支払うべきなのか。

「いいえ違います」

 

これはお金の価値がわからない子供がゲームしたさにそれが課金行為だとよくわからずに行ったことで、保護者の意に反する代金の支払いになります。

ネットで調べたらiPhoneユーザーがAppleサポートの問い合わせで解決した事例があるようでした。

Googleでもそれが可能だと思ったので、今回GooglePlayサポートに問い合わせることにしました。

 

GooglePlayサポートに電話で問合せ

 

f:id:Rikkyrikky:20210804145038j:plain

Googleって電話できるの?

アメリカの巨大企業ですがGoogleに電話するわけではなく、GooglePlayであれば電話サポートを受けることができます。

しかも親切丁寧に。

 

方法は以下の通りです。

GooglePlayストアを開き

右上のアカウントを開く

f:id:Rikkyrikky:20210804145715j:plain

ヘルプを開く

 

f:id:Rikkyrikky:20210804150013j:plain

問題の内容を具体的に記入して

どの分野にサポートが必要か選択する。

f:id:Rikkyrikky:20210804150120j:plain

GooglePlayアプリを選択

f:id:Rikkyrikky:20210804150154j:plain

電話で受け取るを選択しましょう。

 

以上でGoogleサポートの人と電話相談ができます。

お金のことで急を要し不安が大きいので、電話でのサポートはありがたいです。

 

電話ではありのままを話してください。

課金が意に反し、間違った購入であって、返金を希望するという意思表示をしてください。

返金対象なのかを審査があるので、状況を事細かに話しておかないと、審査落ちをする可能性があります。

 

私が伝えたこと

  • 8歳児が課金の重大さがわからずにクリックしてしまった
  • ワンクリック購入になっていることを知らなかった
  • 保護者としては課金することは防ぎたかった
  • 通帳記入するまでに課金のことは知らなかった
  • 約20万円という請求額は非常に重い
  • 全額返金を願う
  • 再発防止に努める

 

担当者は全ての話を聞いてくれて、不安な心情をねぎらってくれました。非常に丁寧で誠意ある担当者でした。

しかし、この申請は特別なことで、申請者の希望通りの結果にならないこともあること、審査に数日時間を要することを言われました。

もしGooglePlayが返金対応をできなかったらアプリの制作元企業に自分で連絡してもらうことになるそうです。そうなったら希望は断たれると思います。

ゲーム会社が課金済みのポイントを返金するわけがないですよね。

 

最後にワンクリック購入を変更するという再発防止策を講じてくれました。

 

返金申請をメールで送る

 返金の申請メールをGooglePlayに送らなければいけません。

メールを確認したのちに返金審査になるので早めに送るようにしましょう。

もちろん担当者が方法を丁寧に教えてくれるのでその通りにするだけです。

まずGooglePayのページで支払いの詳細を確認します。そこに細かく支払い日時や項目、支払IDや金額が記載されています。

このページは通常見ることができないページだと思います。URLは教えてくれます。

f:id:Rikkyrikky:20210804183512j:plain

メールには返金してほしい項目の支払いID支払金額を記載して送信します。

あと合計件数合計金額を記載します。

f:id:Rikkyrikky:20210804184012j:plain

↑私が送信した内容

メールをGooglePlayが受領したら返信メールが届きます。

後は審査を待つのみです。

 

申請結果を待つ

 審査は長くて12日くらいかかるかもしれないといわれました。

そうなったら長いなあ。

ずっとそわそわしてしまいますよね。

 

 返金されないときのショックが大きいと思ったので、支払金額は戻ってこないものと思って日々過ごそうと思いました。本気で請求金額約20万円をどうやって捻出しようか考えていました。家中のありとあらゆるものをメルカリで売ってやろうと思いましたよ。

 

申請メールを送ってから約3時間後にメールの着信音がなりました。

auからでした。開いてみると

支払いがキャンセルされましたという文字がありました。

しかも立て続けに何通も来たのです。

数えてみると私が申請した支払い件数と同じだけの支払いキャンセルメール

f:id:Rikkyrikky:20210804192246j:plain

まだGoogleplayからのメールは届いていません。

でも担当者がすぐに動いてくれて審査も通してくれたのだと確信しました。

ものすごく動きが早かったです。

担当者は、こちらの不安で不憫な心情を察してくれているというのが伝わっていただけに、うれしくなりました。

 

全額返金成功

結局申請メールを送った次の日に全額返金の正式なメールが届きました。

家族みんなで大喜びをしました。

GooglePlay担当者に大感謝だし、金額を支払うはずだったおじいちゃんからも感謝されました。

本当にあきらめずに行動してよかったなと思いました。

完全に口座に返金されるのは10営業日くらいかかるそうです。

これで家財を質に入れずにすんだと思いましたww

f:id:Rikkyrikky:20210824194759j:image

 

再発防止策を実施する

 そもそも今回の事態は課金時の支払いがワンクリック購入になっていたことが原因でした。

通常はログインなどの認証を課金時、常に行うという設定になっていると思います。

それがなんらかの原因でワンクリック購入になっていたのです。

不安であれば一度確認してみてください。

確認、変更方法は以下の通りです。

 

GooglePlayストアを開く

f:id:Rikkyrikky:20210804145038j:plain

 

右上 自身のアイコンをクリックし、アカウント画面を開く

f:id:Rikkyrikky:20210804223415j:plain

(課金しまくったのでポイントがたくさんたまっていた)

 

お支払いと定期購入を選択

 

認証

f:id:Rikkyrikky:20210804224301j:plain

購入時の認証方法を一番上の購入するときは常にを選択する

 

f:id:Rikkyrikky:20210804224324j:plain

 

f:id:Rikkyrikky:20210804224342j:plain

 

これで課金をするときはGoogleによる認証を必要とするので子供が誤ってクリックしても安心できます。

 

 

 

 あとがき

 GooglePlayの担当者も今回の件は特別な措置ということで、今後同じようなことがあっても対応できないということでした。

ワンクリック購入にはしないことはもちろん、子供にスマホゲームを与えることは避けた方がいいということですね。

私の性格は極端なので子供に二度とスマホゲームはさせないということを誓いました。8歳の息子はお金の価値や重さはあまりわからなかったとしても、無断で課金をするという行為を何度も繰り返していました。悪いことをしているというのはわかっていたのでしょう、事態が発覚したのがわかった瞬間、布団に隠れて泣いていました。

子供を責めたい気持ちはわかります。しかし無知な大人が、無料スマホゲームの恐ろしさもわからず簡単に与えて、最悪な事態になっていることも知らずに慌てふためいている。そのようなことが決してないように、親が情報弱者にならないように、子供たちの興味に目を向けて関心をもって子育てに向き合っていかなくてはいけません。

 

今ケースは全額返金されて成功のパターンですが、同じようなケースでもうまくいくとは限りません。しかしあきらめない気持ちと誠意をもって行動することは大事です。

参考になれば幸です。

 

 にほんブログ村にて応援してくれればありがたいです☟ 

ブログランキング・にほんブログ村へ