rikkiblog.net

搾取されるのはもういやだ

Konica Auto S分解整備記録 ヘキサノンF1.9 コニカオートS

1963年発売のコニカオートSという古いカメラに出会いました。

遠く離れた知らない人からの紹介です。(メルカリですがww)

 

汚れた状態を見ると長らく使われていなかったのでしょう。

使えるようにしてカメラの価値を発揮させたいということで分解整備をしました。

 

あくまで素人の分解の過程を記録したものです。

何かアドバイスなどいただければ幸いです。

f:id:Rikkyrikky:20220102053749p:plain



メルカリで中古品を購入

 

 いつものごとくメルカリでジャンクを検索して

コニカオートSというジャンクカメラに出会いました。

f:id:Rikkyrikky:20210227231013j:plain

キャノンオートボーイと一緒に処分価格での出品でした。

カメラの価値がわからず出品している素人が多くいるのがメルカリです。

www.rikkiblog.net

 

届いたものを除菌ティッシュで拭いただけでほとんどの汚れが取れてしまいます。

f:id:Rikkyrikky:20210213162340j:image

外観は綺麗で凹み(アタリ)はありません。

セルフタイマーが効かないだけで大きな故障もないです。

頑固な経年の汚れだけなんとかしなきゃですね。

 

この手の機械式カメラ(電子基板などない)は構造がわかりやすいので、修理ができそうです。

コニカオートS外観

レンズはヘキサノン F1.9の明るいレンズがついています。

f:id:Rikkyrikky:20210213162451j:image

Konicaのロゴがレトロでいい感じですよね。

余談ですが、単体のコニカ社はもう存在しません。

コニカとミノルタのカメラ事業はケンコー・トキナ社が引き継いでいます。

公式HPではコニカ・ミノルタのカメラの歴史を見ることができるので楽しいですよ。

Camera history | コニカミノルタ製品アフターサービス - 株式会社ケンコー・トキナー

 

コニカオートSの取説PDFでダウンロード可能

https://www.kenko-tokina.co.jp/konicaminolta/support/manual/slr/autosj0.pdf

 


f:id:Rikkyrikky:20210213162502j:image

ラッキーなことに、コニカ純正のレンズフィルターがついていました。


f:id:Rikkyrikky:20210213162743j:image

ファインダーが汚れているのは当たり前。

なんせ約60年前のカメラですもの。

綺麗にさせていただきます!


f:id:Rikkyrikky:20210213162807j:image

ここは光を取り入れるレンズです。(Cdsの受光素子)

H、Lで明るいところ、暗いところでの感度を切り替えるのです。


f:id:Rikkyrikky:20210213162823j:image

オート撮影はシャッター優先オートがあります。

レンズが明るくて開放値F1.9あるのでシチュエーションの幅が広がります。

 

電池を入れると露出計は振れています。

 


f:id:Rikkyrikky:20210213162915j:image

MADE IN JAPAN

ジャパンメイド


f:id:Rikkyrikky:20210213162929j:image
モルトがボロボロです。

モルト交換は全ての主要部分の修理が終わってからにしたいです。

なにせ手間がモルト交換は手間がかかりますからね。

分解清掃開始  

本体

まずは軍艦部から外していきます。

巻き上げレバーの蓋を外します。
f:id:Rikkyrikky:20210213163400j:image

・反時計回りで外す

 

ゴムのレンズオープナーを使用しましょう。
f:id:Rikkyrikky:20210213163410j:image

オイル汚れ?ベンジンや無水エタノールで拭き取ります。


f:id:Rikkyrikky:20210213163419j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213163440j:image


f:id:Rikkyrikky:20210213163450j:image

ここでは小さなカニ目レンチを使用しました。

www.rikkiblog.net

 


f:id:Rikkyrikky:20210213163500j:image

巻き上げレバーのすべてが外れました。


f:id:Rikkyrikky:20210213163658j:image

巻き上げクランプはドライバーなどで芯を固定して


f:id:Rikkyrikky:20210213163704j:image

反時計回りに手回しで外れます。


f:id:Rikkyrikky:20210213163905j:image

最後にネジ一本外せば軍艦部が外れます。


f:id:Rikkyrikky:20210213163914j:image

分解したら写真で記録として保存しましょう。

(絶対と言っていいほど順番を忘れるので)


f:id:Rikkyrikky:20210213163920j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213163926j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213164126j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213164136j:image

レンジファインダーのミラー部分を展開してみましょう。
f:id:Rikkyrikky:20210213164401j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213164447j:image

モルトがボロボロだったのでベンジンでふき取って新しいモルトを張りました。
f:id:Rikkyrikky:20210213164458j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213164429j:image


f:id:Rikkyrikky:20210213164522j:image

 

続きまして底部を展開してみましょう。
f:id:Rikkyrikky:20210213164539j:image

4か所のネジで外れます。黄色〇が短い、青〇が長いネジでした。


f:id:Rikkyrikky:20210213164549j:image

底部は埃とりと、微量な注油をしておきました。

 

レンズ

続いてレンズを展開してみます。
f:id:Rikkyrikky:20210213164642j:image

レンズオープナーで簡単にレンズにアクセスできます。
f:id:Rikkyrikky:20210213164649j:image
f:id:Rikkyrikky:20210213164857j:image

シャッター羽は古い油で固着していることがあるのでベンジンで何度も拭きました。

それでシャッターが治ることがよくあります。

このシャッターの粘りだけで故障品ということで手放す人が多いですが、もったいないですよね。

 

ここからは上級編で、私の冒険です。

胴沈を取り外してみます。

f:id:Rikkyrikky:20210213164908j:image

青〇を半分回して、リングを回しましょう。

 

(黄色いテープはマスキングテープ。清掃した後汚れないように張っている)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/R/Rikkyrikky/20210213/20210213165019.jpg

この構図をしっかり記録しておきましょう。


f:id:Rikkyrikky:20210213164928j:image

この部品で絞りとかシャッター速度を操ります。

 


f:id:Rikkyrikky:20210213164940j:image

シャッター機構はまさに精密機器。

分解したら二度ともとに戻せないので、そのまま仕組みを研究してみます。



f:id:Rikkyrikky:20210213165237j:image
赤〇のネジは要注意です。露出計を調整するネジです。露出計がくるっていなかったら触る必要はありません。
紫矢印はセルフタイマーのスイッチです。本器はセルフタイマーが効きませんでした。慎重に注油をしていったところ少し動きはよくなったんですが、10秒のタイマーが15秒くらいかかります。

セルフタイマーは諦めます。

 

60年前のヘキサノンレンズがどんな描写をしてくれるか楽しみなので、フィルムを装填して、撮影に出かけてみます。

撮影したらまたアップしますので、当ブログをよろしくお願いいたします。