搾取されるのはもうイヤだ

みんな幸せだったらいいのに

モノを残さずブログを残していこう ミニマリストへの道

モノを残さずブログを残していこう 

ミニマリストへの道

 

私の親や祖父母はモノを捨てることができません。

 

父にあっては服や棚など使わなくなったものでも

新聞紙一枚も捨てないのです。

 

モノが貴重な時代で、一つ一つ苦労して手に入れたものなのでしょう。

 

使っていなくても大切なモノなのです。

 

もちろんその考えを否定しません。

 

モノを大切にすることはいいことです。

 

ただ、その道具に“無駄な時間“自分をとられていませんか。

 

私は強くそれを感じました。

例えば学生時代、部活で使っていた野球のグローブを捨てられずにとっておいて靴箱にしまっていました。

 

たまにカビをとったりオイルを塗ったりして

管理しないと傷んでしまいます。

 

野球はもうとうの昔に辞めたのに。

 

靴箱のスペースをとり続けているし

管理の手間暇がかかってしまうということで

日々の生産性が下がってしまいます。

 

壊れたカメラを捨てられずにいました。

 

カメラが好きでそのカメラが目に入ると

触って分解したくなります。

 

もう二度と元通りにならないのに。

 

私たちに与えられた時間は有限です。

 

刻一刻と終わりのトキに向かって

時計の針は動いています。

 

ああなんて無駄な時間を

過ごしてしまったんだと思うことが

多々ありました。

 

そこにただあり

これからの人生に役立たないモノにとらわれて

貴重な一日が終わることが

よくありました。

 

私は気づいたのです。

 

モノを使っているのではなく

モノに使われているなと。

 

モノが人間を支配していると気づきました。

 

そこでこんな本に目が留まりました。

 

 

ミニマリストになるための本で

作者は狭い部屋にソファー。

ベットもテレビもない

生活を送っています。

 

究極のミニマリストです。

 

私は一気にこの考えに惹かれていきました。

 

いうところの私はマキシマリスです

ミニマリストの対義語)

 

日々たまっていくものにとらわれて

モノ(道具)中心に

生活を送ることです。

 

一方ミニマリストは生きていくための

必要最低限のモノを持つのみで

部屋は常に生活感がなくきれいです。

 

朝は太陽の光を浴びて起きて

テレビはないので情報収集は

ノートPC(MacBook)で

ニュースを検索。

 

食料を必要な分しか買っていないから

友達が来た時には近くのおいしいお店で

お酒を飲む。

(都会での生活に限定されるかも)

 

意外と今の世の中ミニマリスト

なんとかなるものです。

 

よっぽど山の中やへき地でない限りですが。

 

ミニマリストとマキシマリス

どちらが人生の得になるかですが

私はミニマリストだと思います。

 

貴重なものを沢山残して死んでも

その人の心に充実感があったかといえば

そうではないでしょう。

 

一方究極にモノを減らして

不要なモノがない状態にすることで

新しいアイデアが生まれたり

外へでる行動力を促したりするのではないでしょうか。

 

人生の経験値や生産性が上がりますよね。

 

rikkyrikky.hatenablog.com

 ↑不要なものはメルカリかヤフオク

 

そんなこんなで

目指せミニマリストなのですが

PC(パソコン)は必要な道具の一つです。

 

情報収集と情報の管理です。

 

写真や文章はPCでデータとして残して

基本的にモノとして残さないようにしています。

 

整理整頓はPCの中で済みます。

 

ミニマリストでなくても日々感じたことや

人様の役に立ちそうなことを

情報発信していくのはいいと思います。

 

私が励んでいるのはブログです。

 

自分の生産した文章をずっとインターネット上に残しておけます。

 

モノを残すのではなく文章を残していけるのです。

 

しかも沢山も人も目に触れられるし

収益化もできます。

 

一石二鳥です。

 

ブログをするにあたって軽量ノートPCを手に入れました。

 

重さ800グラム代です。

 

LAVIE Direct PMNECのモノです。 


 

 

 

13.3型の画面は丁度よいし

本当に軽くて機動性がいいので

外に出るときよく持ち出しています。

 

公園とかでカタカタ入力しています。 


 

私は楽天Kobo電子書籍で購入したので

たまにスマホタブレットで読んでいます。

 

ミニマリストの精神は結構忘れやすいので

必要でないモノを衝動買いしてしまいます。

 

たまに読んで思い出します。

 

本当に僕たちにモノは必要ありません。

 

是非ご一読を。