搾取されるのはもうイヤだ

みんな幸せだったらいいのに

岡城址 荒城の月 ぶらり史跡めぐり 大分県竹田市

城址 豊後の名城 ぶらり散策

f:id:Rikkyrikky:20190426213759j:plain

魅力的な史跡を紹介します。

 

それは、不落の名城 岡城址

 

有名な作曲家 滝廉太郎 

荒城の月のモデルになった場所です。

 

 

f:id:Rikkyrikky:20190426225855j:plain

ここは紅葉の時期が人気でお勧めですが、 桜の時期も非常に風光明媚で素晴らしいです。

紅葉↓

f:id:Rikkyrikky:20210330100308j:plain

岡城祉 紅葉

 ということで桜の花見をしに来ました。

 

f:id:Rikkyrikky:20190426230421j:plain

桜の本数的にはそこまで多くなく、

桜がほどよくちりばめられています。

 

荒城の月と歌われているだけに

虚しさと情緒があります。

f:id:Rikkyrikky:20190426230907j:plain


それにしても城ってすごい。

 重機もない、食べ物も限られている時代

多くの領民や大工や職人が何年もかけて

 このような立派な城ができたんですよね。

f:id:Rikkyrikky:20190426231406j:plain

何人か工事の事故で亡くなったりしたのかなぁ。(わかりません)

 

戦国時代が終わって令和の現代

ぶらっと史跡めぐりとかで何気なく城址を歩いてる

 

ここにある物語を感じたい。

というか勝手にビンビン感じてしまいます。

f:id:Rikkyrikky:20190426231847j:plain

↑好きなアングル

ときの経過を感じるなあ

f:id:Rikkyrikky:20190426231933j:plain

島津氏が豊後に攻めたとき

ここの兵隊は必死に城を守り抜いて

 薩摩軍を撤退させたそうな

 

一度も攻め落とされていないのがこの岡城址です。

 

ゲンを担いで受験祈願に参る人もいるそうです。

〝不落の城=決して落ちない〟

f:id:Rikkyrikky:20190426232745j:plain

↑正規の入り口がこちら  大手門へ

 

f:id:Rikkyrikky:20190426232859j:plain

こちらが近戸門

 

f:id:Rikkyrikky:20190426232929j:plain

以前は朽ち果てていましたが、整備の人ががよく草刈作業などを行っていてきれいにしています。

 

f:id:Rikkyrikky:20190426233524j:plain

ここは大手門より以前の正規の入り口だったところ

 

敷地が広大なので毎回新しい発見があります。

f:id:Rikkyrikky:20190426233515j:plain

それにしても城址の桜はきれいですね。

 この2,3日後には散ってしまった。

 はかないけれど、私の心を魅了してくれます。

 

これからも岡城址の四季を楽しんでいきたいです。